物作りが好きならプログラミングスキルをセールスポイントにしましょう

IT業界に転職する際に経験者に求められるものは、前職での業務分野や経験ポジションもそうですが、プログラミングを中心とした仕事に就くことを求めるならばプログラミングスキルを高くしておくことも重要です。

IT業界の転職市場を見ると未経験歓迎と言うところが多いですが、その場合は数か月の社内研修の後でプロジェクト配置という事がほとんどです。

経験者でしたら、過去の仕事でどのようなプログラムを作成し、その処理の効率化のためにどのような努力をしたかなどを経験談として持っておくと良いでしょう。

また、どの分野のプログラミングが最も得意であるかを予め自分で理解しておくと、プログラミングスキルに対する説明は話しやすくなります。

プログラムの正確さ・速さもセールスポイントになります。

各プログラミング言語の資格を取得していることも転職には有利です。

IT業界は人手不足ですので、プログラミングスキルの高いプログラマーは即戦力エンジニアとして常にどこのプロジェクトでも引く手あまたですので、日々スキルを磨き活躍していきましょう。