IT転職をする前に離職率を調べてみよう

IT関連の仕事をしたいという人が増えてきています。

今まで全く違ったジャンルの仕事に就いていたという人でも、転職を考えることが多くなってきているため、とても人気です。

しかし、誰でも簡単に転職できるとは限りません。

また、いざ、転職してみたものの想像とは違ったと感じることもあるかもしれません。

そこでまずは離職率を調べてみることをお勧めします。

離職率の調べ方はいろいろあります。

手軽な方法としては、IT系企業のホームページを見てみることです。

また、IT系関係の情報サイトも見てみることをお勧めします。

企業によって当然、その率は違ってきますが、比較的、小規模な企業ほど離職率が高くなっていると言えます。

その理由は様々です。

想像以上にハードな職となっていることも多いからです。

大手企業の場合、やりがいを感じられるという人が多くなっています。

人材も十分に確保しているため、各人の業務が明確になっているからです。

そのため、思い切って転職するからには、できるだけ大手企業を目指すことをお勧めします。

大手企業であっても、特に資格を取得しておらず、未経験者の採用を行っていることはあります。

また、各企業の離職率を知ることによって、その企業のデメリットを知ることができるはずです。

仕事がハードというだけではなく、人間関係に問題があるという職場もあります。

いわゆるブラック企業も存在することから、その見極めが重要となってきます。

転職する前にちょっと待って:「ITはブラック企業だらけ」の噂は本当か?

IT会社はブラック企業が多い。という噂はよく聞きます。実際「IT」「ブラック」でインターネットを検索するとたくさん出てきます。かつてITバブルの時代、ITベンチャー... 続きを読む