IT転職にはPCスキルが必須

IT系企業への就職を希望する人は、数年前から多くなってきています。

比較的、一般的な企業よりも収入が高いと言われているからです。

そこで、これまでは全く違ったジャンルの職に就いていたという人でも、IT系企業に転職したいと思う人も増えるようになってきました。

しかし、誰でも簡単に転職できるわけではありません。

まず、PCスキルがないことには応募することもできないことがあります。

仕事のジャンルから、最低限というのではなく、PCスキルとしてPC関連の資格を取得していた方が転職に有利となります。

まずはPCスキルを磨くことから始めるといいかもしれません。

パソコン講座などを体験してみたり、セミナーに参加してみたりすることをお勧めします。

また、SEとして働いていたことのある人は、比較的、PCスキルが高く資格もたくさん持っていることがあります。

転職に有利となること間違いありません。

これまで手がけてきたプログラムなどがあれば、その点も履歴書に記載することができます。

全くの素人という場合には、とにかく資格をたくさん取得することが大切です。

ただし、企業によっては未経験者でもとりあえず採用してくれるということもあります。

この場合、求人サイトで未経験者可という求人を重視して選ぶようにすることをお勧めします。

社内の研修制度が充実していれば、特にPCスキルがなくても入社してからスキルを磨けるということもあります。

求人情報をくまなくチェックすることが大切です。

物作りが好きならプログラミングスキルをセールスポイントにしましょう

IT業界に転職する際に経験者に求められるものは、前職での業務分野や経験ポジションもそうですがプログラミングを中心とした仕事に就くことを求めるならばプログラミング... 続きを読む